This Category : 料理

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.25 *Sat*

草むしりして、野草を食べる。

こんばんは。
やっと天気が良くなりましたね。

来週は家庭訪問があるので、この連休で掃除しなければなりません。

夫の「草刈りする」という声を聞いて、一斉に草むしりをしました。
天気がいいから、外仕事が気持ちよかったです。

で、雑草の中に、子供の頃食べられるといわれた草がありました。いっしょに草をむしっていた娘に、「この草は、食べられるんだよ」と教えたら、「たべたいーーー」と頑張って取ってくれました。

ですので、夕飯は急遽天ぷらに。

草は調べたら、『母子草』でした。御形(ごぎょう)ですね。
結構軸は固いので、花に近い方だけ使いました。
おそるおそる食べたら・・・ おいしかった
クセも少なく、ほんのり草の香りがしておいしかったです。
娘はおかわりして食べてました。

写真無くて済みません。

母子草・・・って名前の通りになりました。

f8024342d6465f253136e831ae2dcc2b.jpg
※思い出くらし館 ~四季によせて~ 【夢月】 より転載

あとは玄関の掃除をしました。
タタキも水拭きして、痛くてしょうがないパンプスも処分しました。娘の長靴も小さいとのことで処分です。

少しずつ要らないものを処分しています。

ブログにも書きたいのですが、なかなか時間が取れませんでした。

☆ お読みいただき、ありがとうございます。片付けを続ける励みになります(ぺこり)。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
category : 料理

2012.10.09 *Tue*

ゆで落花生 って知ってますか?

こんばんは 

片付け隊、実は今日で卒業です 

お残りのお家の外回り・・・今日やりました。

今週は天気が悪かったり、用事があって暗くなってからの帰宅で、外回りができずにいました。

すべてスッキリとはいかないけど、気になっていた茂りすぎてた花や、雑草はキレイになりました。

『生ゴミも堆肥にして、リサイクル♪』なんて始めた、フェリシモの生ゴミ堆肥装置も、中の堆肥は空っぽになりました。あとはプラ容器を捨てます。でかくて大変だけど。
こんな寄り道・無駄づかいばっかりだよ・・・。

イメージで物を買いすぎだった。

実際自分がどれだけ使うのか、よく考えなくちゃねぇ。

だいぶ、キッチン関係はこの思考ができるようになってきた。

だから、ほとんど買い足していないです。


・・・


服もできるようになりたい・・・。


さて、タイトルですが、私は千葉県に住んでいます。千葉と言えば、落花生  なのですが、落花生はご存知ですよね。

普通、煎ります。

でも、今の時期、落花生はほりあげるのですが、ほりたての落花生ならではの食べ方・・・ゆでるんです。

昨日は、落花生の堀取りイベントに出かけて、超でっかい品種『おおまさり』をたくさん掘ってきました。
子供らはあんまり手伝ってくれなかったけど。

農家の方達の紹介してくれたゆで方を参考にゆでてみましたよ。

20121008-9.jpg
おおまさり は、こんなに大きいんです。
大きいけど、大味ではなく、とっても風味豊かです。ゆで落花生に合っています。

ゆで方です。

大鍋に、水の量を量り、その水の3%の量の塩を入れます。
沸騰したら、洗った落花生を入れます。
再沸騰したら、弱火にして、ちょっとずらしてフタをします。
40分コトコトゆでます。
ザルにあけてできあがり。


塩は、水の量の3%ですから。
私、最初、落花生の重さで量っちゃって、少なすぎて、塩を追加しました。
レシピの量で作ったら、いいかげんの塩加減でした。

20121008-8.jpg
ゆでてるところ。

20121008-10.jpg
ゆであがり。

20121008-11.jpg
中はこんな風。

おいしいんですよ、本当に。
ゆでたものは小分けにして冷凍すれば、持ちます。
食べる前に自然解凍して下さい。


期間限定ですので、ぜひ千葉県にお立ち寄りの時は、ご賞味下さい。

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2012.08.05 *Sun*

野菜を無駄にしない

こんにちは 

今日こそ、服の整理をしたいと思っていたけど、昨日夫の実家に行ったおみやげで、大量の野菜達が届きました。
こんなに大量に冷蔵庫に入らない。
20120805-1.jpg

前回、キュウリを腐らせてしまったので、今回は無駄にしたくなくて、がんばって仕込みました。

まずキュウリ。

こんなに仕込みましたよ。
20120805-2.jpg

いつもの辛子漬けは2袋。これ、冷蔵庫ならかなり持ちます。
Cpicon 簡単で絶対においしい!きゅうりの漬物。 by さっちゃん(∧∇∧)

そして、塩もみ1袋と、先日買った塩麹を使って、これを1袋仕込みました。
Cpicon ☆塩麹+味噌☆きゅうりの漬物☆ by Mizuki

たれを味見したら、おいしい予感 

それから、キュウリのしなしなになった感が、恋しくなって作ったのが1袋。
Cpicon しなべ辛きゅうり(漬物) by myukitty

これでもあと20本くらい残ってます。

それから、トマトもたくさんあったけど、割れていたので、急遽トマトソースを作りました。
Cpicon 自家製☆トマトソース☆ by megorin

20120805-3.jpg

あと20分くらい煮込んで完成です。
今晩はトマトソーススパゲティにします。

ふう、後片付けも済んで、一休み中です。

この後は、和室に掃除機をかけて、和室の服を見直そうかな。

でも、私にとって最大の難所、洋服なので、断捨離本読んで、気合いを入れ直そうかな。

靴磨きもしたいし。

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2012.03.07 *Wed*

定まらない。白パン作成中。

こんばんは 

またもや、ブログ村のカテを替えました。
なんでだろう・・・しっくり来なかった。

インテリアカテの、『子供あり家庭インテリア』と、今までどおり『片づけ収納』にしてみました。
子供あり家庭 しか、バーナーに書いてないので、ちょっとなぁなんですが、登録されている方達のブログが、とてもいい感じなので、ここにします。

ささやかな暮らし・・・でもなかったのね・・・。

なんでしょう、同じような事に興味のある方のブログを読んだり、交流できたらいいな・・・なんて思って登録しているんですけど。
あんまり、登録数が多くて、私のようなブログが埋もれてしまうところでは、意味がないし。

なんていいつつ、最近は、かなり偏った内容なのでしょうがないかな。
怖い人化しているよね。

まぁ、しばらくやってみます。



それから、私のブログを読んで下さっている方は、気づいていると思いますが、私はテンプレを良く変えます。
飽きっぽいんですよね。
ちょっとした事が気になって、変えてしまったり。その時の気分で替えます。
ガマンするのがイヤなんですね。
皆さん、よく変えないなぁなんて、かえって気になります。


今回のモッコウバラのテンプレは、実は、一番最初に気にいって設定したテンプレの改良版です。
サリィさん(作者)のテンプレは、editがしやすいし、完成度が高いので、使いやすいです。

季節にも合っているし、しばらくこれにしようかな。



さて、今日は、明日の朝食のパンがないので、作っているのですが、ご飯入りのHBパンが、どうもうまくできなくて、最近は焼いてもみんな食べてくれないので・・・新たなことにトライしています。

Cpicon ず~っとふわ2シリーズ♡基本のパン生地 by ☆ひょーみ☆

これですね。
生地だけHBで、あとは成形するバージョンは、初めてです。
白パン(ハイジパン)、大好きなので、トライしてみます。

どうなりますことやら。
できたら、この記事を更新します。

 ハイジパン、大失敗でした
HBの生地コースで作ったのですが、できあがり時、明らかに生地がゆるかったです。
丸めるなんてできない。
なので、そのまま、ケーキ型へ入れて焼きました。
でも、思ったほどふくらまず、なんだか出来損ないのケーキのようになってしまいました。
小麦粉も、イーストも、古くなってきているのかもしれません。
あと、国産小麦で、ちょっとふくらみにくいのかもしれません。
食べてみれば、それなりのおいしさなのですが・・・。
パン作りって、難しいです。


 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012.03.04 *Sun*

トマトソースを作った

重い腰を上げて、冷蔵庫にたまったトマトを有効活用すべく、今晩のスパゲティに使うべく、トマトソースを作りました。

レシピはこちら。
Cpicon 自家製☆トマトソース☆ by megorin

いつもお世話になっているレシピです。

うちは、夫の仕事の関係で、トマトをたくさん持って帰ってくるので・・・。でも、トマトってあまり大量に食べるものでもないですよね。
それで、作り始めたのですが、今では、このソースの在庫がないと、パスタを作りたくない(市販のソースは、もう、イヤ)くらいになってしまって。
おいしいんですよ。

うちは、小袋に分けて冷凍して置いて、温めるときに、味付けを調整しています。
なんかわからんけど、醤油を入れると良い感じ。ケチャップ、ソースも入れますが・・・。

20120304-1.jpg
20120304-2.jpg
20120304-3.jpg
20120304-4.jpg
20120304-5.jpg
20120304-6.jpg

ま、こんな感じです。皮を湯むきなんてしていません。そんなこと・・・めんどくさくて
できあがりの時に、くるくる縮まった皮が残りますが、全然問題なし だと思ってます。


このソースを作り始めてから、息子が、ぺろりとパスタを食べるようになりました。
だから、おいしいんでしょう。




さて、ラヴェルの管弦楽バージョンをしばらく聴いて、意外と・・・アバドのバージョンが、やっぱりよかった。

20120301-8.jpg
↑ 左のヤツ。

もちろんクリュイタンスの極彩色もいいです。
アバドのバージョンは、よくまとまっている。そして、イタリア人だからか、熱さもある。
手勢のロンドン交響楽団との息もぴったり。なんか、『みんなが一丸』となっている。

マ・メール・ロアのラスト、良すぎーー。何度も聴きたくなりました。

実は、今、手持ちで、4枚の『ボレロ』があります。
クリュイタンス、アバド、マゼール、カラヤン。

カラヤン・・・聴いてません。マゼールは、最初買ったんだと思う。ラ・ヴァルスが入っていたので、大学の時によく聴いてました。たぶん同じ頃にアバドを買った。カラヤンは、展覧会の絵が入っていたので、買いました。

アバドの、ラヴェル。おすすめです。



HMV 3CD

この盤は、なんと言っても、『ボレロ』の最後に、楽団員の(??)歓喜の雄叫び が入っていることで有名です。そのくらい感極まった演奏だったということでしょうか。



そして、満を持してというか、頭がラヴェルになったところで、フランソワのラヴェルを聴いています。
また、ゆっくり書きますが、 すごいものを聴いてしまったーー!!です。

フランソワのラヴェルは、もう、決定版といわれるほど、何から何まではまっている と言われますが、時に怖いくらいはまっていて、聞くのがつらくなる なんて言われるくらいですが・・・

36枚CDの№17を何度も聴いています。

亡き王女のためのパヴァーヌ
高雅で感傷的なワルツ
前奏曲 
シャブリエ風に
ボロディン風に
水の戯れ
ハイドンの名によるメヌエット


・・・

ツボツボな曲の進行。

あぁ、亡き王女のためのパヴァーヌは、ニコ動でどうぞ。

ニコ動 亡き王女・・・

こんなやさしい、完璧な演奏、聴いたことないですよ。この人は、本当に特別なピアニストなんだ。
個人的に、高雅・・・なワルツなどの、コテコテした曲が入ってくるのが、とっても心地よかったです。



そして、この№17は、これで終わらんのです。

最後の最後に・・・フランクの前奏曲、コラールとフーガ が1曲入っていて、これに驚くとともに、やられます。



フランソワのラヴェルは、唯一無二です。

なぜなら、彼のラヴェルは、ジャズ なんです。


ニコ動 クープランの墓

ジャズバーでしょこれ。グラス片手だろ。お兄さん、イカスね-。

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。