05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


ショックな出来事。人のものを捨てるな。

2011.11.06 *Sun*
非常にショックで立ち直れていないので、書くのもつらいのですが・・・

夫に、私の高額なものを断捨られました・・・。

もちろん本人は捨てるつもりはなかったのですが・・・引っ越しのどさくさで捨てたと思われます。
それはとても大きいものですが、粗大ゴミと一緒に、処分場へ持って行ってしまったようです(車に乗せっぱなしだった。ちゃんとおろさなかった。処分場の人が親切にも手伝ってくれて捨てられたらしい)。

引っ越しの荷ほどきも進み、『あれ、どこだっけ』から始まりました。

それは、はずすのが手間だったので、夫に頼んだのがいけなかった。

自分で自分のものを守れば良かった。

本当に後悔です。

正直、他人は当てにならないと思います。
常々思っています。

人を信頼しない・・・重要なことは自分でやるべきでした。

ほんと、就職したての頃に月賦で買った品・・・その品が心から大事と言うより、頑張って買った自分へのこだわりの方が強いです。
そしてちょっぴり、その品は、今も評価されている品です・・・。


私の大事な品だとわかっていたと思うのですが・・・思いを巡らせると、私って大事にされていないのではないかと思いました。

さっき息子にも、洗濯ハンガーを壊されました・・・。

踏んだり蹴ったりで、ちょっと立ち直れないです。

無傷の娘が、心配して、間を取り持ってくれようとしてくれています。

ありがとう、娘、1歳7ヶ月。


こころから言います。

他人のものは断捨離してはいけないーーー!!!

 号泣です。

参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

こんにちは。
なんとも切なくブログを拝見しました。

だんなさまはきっと気づかなかったんだと思います。
引越しの慌ただしい中、トラックに乗っていたままだったので
そのまま処理場に持っていかれてしまったのではないかと思います。
anemoneさんを大事に思ってないなんてそんなことはないと思います。

とは言っても、大事にされていたものを意図せず捨てられてショックな気持ちも分かります。
自分で抜いたものでも後で後悔したりするのに・・・・。
他人を信用しない・・・・期待をしすぎないということでしょうか。
自分の期待に答えられるのは、(お金を払う以外)自分しかいないと思うこともあります。
でも、一人ではできないこともたくさんあります。
どうぞだんなさまやお子さん、そしてanemoneさん自身を責めないでください。


by とことこ #-
2011/11/07(月) 11:15 [Edit
とことこさん
コメントありがとうございます。
ちょっとトゲのある書き方をしてしまいました。大いに反省です。
(怒っていたので)

信用しないというのは、大事なところは自分で把握しておかないと という意味合いで書きました。
大事なところを安易に人に任せると、えっ というようなことになることもあり、ちゃんと目を配らないと失敗するんですよね。仕事でも心当たりがあります。

 今回は、日頃のうっぷん、それは私のやっていること・・・例えば片づけとか断捨離とかインテリアとか、どこか夫は軽んじている風があったので、そういう気持ちが、私の大事なものも結果的に軽んじてしまった と思えるので怒ったわけです。
 けして故意にやったわけではないので、責めてもしょうがないのはわかってます。

 私は仕事柄、分析の仕事をしていた時期があるので、そういう思考のクセ(大事なところは自分自身でやる、人任せにしない)が付いているようです。
 偏屈なわけじゃないですよーー。

> でも、一人ではできないこともたくさんあります。
> どうぞだんなさまやお子さん、そしてanemoneさん自身を責めないでください。

ありがとうございます。怒りがおさまりました。
新しい、ものとの出会いがあるかもしれませんし。
あの品は、私の元から旅立ったんでしょうね(ちょっと泣)
by a・nemone #-
2011/11/07(月) 12:12 [Edit
体験者です!分かります
ああ、お気持ち察します。

私はお片付けの専門家の方に来て頂いて、整理整頓をして不用品を仕分けしたとき、決して捨てるつもりはなかったものを、手伝いに来ていた実家の母に捨てられたことがあります。

書くと長いのですが・・・私の幼少期、父が作った「収納つき木製ベンチ」で、私が出産したとき、私の子どもにもまた使わせたいと、父がわざわざ運んできたのです。

ところが運搬中にどこかにぶつけたのか、柱が欠けてしまって・・・木材が割けてしまっていて危ないから、その箇所を作り直すか、補修して欲しいと何度も頼んだのに。
母は「あのベンチは直せない、とお父さんは言っている」といって、そのまま使わせようとしたのですね。

大人でも指に刺さったりしそうで危ないから、部屋の奥に隠していたのですが、片付け専門家の方が出してくださって、またその問題が表面化し・・・「修理してくれないと使えない」といったら、母は勝手に捨ててしまったのです。

母は母で、「せっかくお父さんが作ってくれたのに、運んできてくれたのに、あなたは使わない。しかも専門家の方は『置く場所がない』といった」などと思っていて、自分は捨てさせれらた、あの椅子を孫にも使わせたかったのに、思い入れがあったのに、と私を逆恨みしている様子。

わが子(当時2歳)を危険にさらしたくなかっただけで、捨ててなんて言っていないのに、ただ修理してといっているだけなのに、どうして捨てられて非難までされるんだろう・・・と悲しいやら、腹立たしいやら、でした。

長々とすみません。

身内にやられると、はらわたが煮えくり返る気持ち、本当に良く分かります。
どうかご自身を責めることなく、ある程度この怒りが収まるまでは、その苦しみを表現されることをお勧めします。なかったことにしようとか、無理やり言い聞かせると、まだぶり返しますから!

by cocue-cocue #-
2011/11/07(月) 16:44 [Edit
cocue-cocueさん
cocue-cocueさんも、そんな経験がおありだったんですね。
お父さんが作ってくれた椅子ですもんね。

同じ気持ちですよね。あの時守っていれば って後悔します。

> どうかご自身を責めることなく、ある程度この怒りが収まるまでは、その苦しみを表現されることをお勧めします。なかったことにしようとか、無理やり言い聞かせると、まだぶり返しますから!

ありがとうございます。
そう・・・ちょっと書いてクールダウンしたかったんです。
娘の励ましもあって^^;、怒りはもうだいぶおさまりました。
こんな風に、アドバイス下さって、私の心も軽くなりました。ありがとうございます。
by a・nemone #-
2011/11/07(月) 17:05 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )