05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


ショパンのピアノ協奏曲

2012.01.23 *Mon*
いやぁ、最近この話題ばかりで、すんまそんです。

でも、あんまりすごいんで、書きます。

Amazonで、これを買いました。




あぁ、高いですね。
私はずっと安く手に入りました。

ショパンの全集にももちろん収録されている曲です。そちらは1965年の収録。

今回買ったのは1959年の収録です。
フランソワが35歳の時のものですね。

どちらも素晴らしいのですが、35歳の元気なときの演奏が聴きたかったので、買いました。

圧巻です。
みずみずしく、力強く、完璧です。
1965年のステレオ版が、名盤として有名ですが、甲乙付けがたいですが、こちらはそれ以上と感じました。

1965年版は、音もよく(ステレオ)、オケも堅実。フランソワのピアノは、魅力ある演奏とともにまろやかさを帯びているように感じます。
聴きやすい方ならば、こちらがおすすめです。

解説に、こうあります。

『尽きることないファンタジーとポエジー、かぐわしい気品ととめどない情熱、ロマンティックな情熱とほろにがくまろやかな味わいなど、たまらない魅力をふんだんに内在させたもの・・・』

そのとおりです。
(こういう文章って、本当かな~ って思うけど、この演奏については、言葉にするならこう表現するしかないです(演奏の方が言葉よりすごい))


あぁ、この演奏、精神力も体力も充実していたんだな と思います。
これこそ、名盤です。


生きています。
元気なフランソワ(カバーの写真もこの頃かもね。カコイイ)。
渾身です。


言葉では言い尽くせない、素晴らしい演奏です。

ピアノが始まると、釘付けになってしまう。

こんな演奏が聴けて、幸せです

一つ、生きる目的ができました。

サンソンの演奏を聴くこと。

だから、生きます。


★ドビュッシーとラベルのBOXCDも買いました。特にラベルが素晴らしい。

 音楽と演奏がぴったり合っています。
 

って、この動画、ずっと以前に貼っていました。
youtubeで、ソナチネの中で、『これはいい』と思ったのが、フランソワの演奏だったんですね。

昔の記事

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




本当の全集もあります。CD36枚。
集大成ですね。
これがこんな値段で買えるなんて信じられないですね。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )