10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から

2012.02.03 *Fri*
こんにちは。

今日は私の誕生日です。

なんと、40歳です。

早すぎる。

というか、意識していません^^;。


もともと、精神年齢が低いんだと思います(えばって言うことでもないけれど

今回のフランソワさんの件からもおわかりのように、瞬発力はあるんだと思います。
あ、体育の方も、瞬発力には自信がありました。

普段は腰が重いくせに、急にスイッチが入ることがあります。

振り返れば、電波少年って番組あったでしょ。
あの企画で、猿岩石なんかも旅行したけど、ロシアを旅した『Bluem of Youth』という2人組がいたんです。

私ね、電波少年は観てなかったんですよ。
でも、職場の先輩が、『片方の人が、私の彼に似てる』と教えてくれて、別にそれが理由ではなく、ちょうど武道館に1万人来てくれるかどうか の特番を観たんです。(ロシアの旅行の最後に、武道館に1万人応援に来てくれれば、芸能活動続行、来ないと解散)

まぁ、総集編ですね。

それに感動して、2年くらい応援しました。
ライブ行ったり、ファンクラブの旅行へ行ったり。
ハワイに2回行きました。

別にね、恋愛対象ではなかったんですよ。
なんか応援したくなった。

ハワイやライブで仲良くなった人もいて、人見知りの私にしては、信じられない行動力でしたね。

ハワイの海で、まっちゃんにビーチボード、引っ張ってもらったYO。

その後休止しちゃったりして、疎遠になりましたが(その後再結成)、ライブで友達になった人たちは、まだ応援しているみたいです。

不思議と、そこで出会う人たちは、良い方達でした。
いい思い出です。

ブルームは・・・




ほんと、引っ込み思案でめんどくさがりの私が、一人でハワイ申し込んで、相部屋になった方が、元メイクアップアーチストの年上のお姉さんだったのですが、とっても仲良くなりました。別世界の人ですが。
なにより、水着姿を、芸能人にさらすなんて・・・今じゃとても怖くてできません



bluemの曲で、大好きだった曲です。
これは・・・大学卒業後に別れた人のことが重なって、初めて聴いたとき、涙が止まりませんでした。
とても愛してもらっていたと、気づきました。

こんなノリノリの曲もあります。

あーー、これ見に行きましたよ。このどっかに私もいました^^;。
松ヶ下さんが東京農業大学出身なのが、とっても親近感感じました(私も農学部)。
でも、彼は完全に音楽の人で、ピアノ・ギター、すごいでしょ。
植物をまったり育てるのが好きだったんだそうです。




さて、今もスイッチオンの私ですが(フランソワのおじさんに)・・・

聴けば聴くほど、もう、彼のピアノじゃないと・・・というか、彼のピアノさえあればいいや になってます。

ファンの方のHPにこんな感想があって、私もその通りだと思ったので、引用させていただきます。



 こんなふうに思うのは、フランソワだけです。音と人間が一緒くたになって入ってくる。
だから、音の向こう側に存在するであろう彼の姿を知りたいと思う。
フランソワの魅力から逃れられなくなった人は、多かれ少なかれ同じ思いを持っていると思います。
それこそが他のピアニストにはけっして感じられないフランソワの魔力、ツボにはまったが最後、麻薬と語られることすらある彼の演奏の
最大の特徴です。


フランソワの音は、なぞることができる。
フランソワの演奏の中には、我知らず感情を埋め込んでしまうものが多く、そういうのは音をなぞるというより感情をなぞっている。
子供が絵を見てそのまま覚えこむのと同じ論理が、ここにあるようだ。
たぶん、耳から聴くよりもっと感情的なところでインプットされるのだ。
もちろんこれは、わたしの場合。人それぞれ、そういう演奏家がいていいと思う。

わたしの体の一部にフランソワの波長がのっかってくるように感じる。
「音楽は肉感的な芸術」------だからこそ、フランソワのこの言葉を非常によく理解できるのだ。
波長がシンクロするこの不思議な感覚が消えない限り、きっとフランソワを求め続けるのだろうな。
おそらく、死ぬまで。


Hop-Frog より


私が感じていることが、素晴らしい文章になっているので引用させていただきました。

初めてです。

CDを聴いて、演奏するその人本人を強く感じたのは。
胸を摑まれるときもあります。

音が生きているんですよね。

今のお気に入りはドビュッシーと、ショパンの協奏曲です。
ショパンは、脳みそが疲れているときにいいです。
甘えられます。
ドビュッシーは、私がドビュッシー好きだからでしょう。

1961年の録音が秀逸なのです。
本当に多くの方に聴いて欲しい・・・ドビュッシーのピアノが聴きたいよっ て方には絶対におすすめです。
『喜びの島』すごいですよ~~。



すっごい。1000円ちょっとで買えちゃうんですね。
絶対に期待を裏切らない出来ですキリッ☆

(でも『マスク』が入ってないのがどうして?)

フランソワはラベルの方が完全に共鳴している といわれますが、本当にそうですね。

でも、自分はラベルも好きだけど、ドビュッシーがやはり一番好きな作曲家です。
そして、ショパンは脳みそが疲れているときに、乙女になりたいときに欠かせません。

だから、ショパン・ドビュッシー・ラベルがレパートリーのフランソワさんに出会えてよかった。


ちなみに、今日、私の誕生日ですが、偉大なる、メンデルスゾーンも同じ誕生日なのです

フランソワも無言歌の録音が残っているので、お誕生日お祝いとして聴きます。

今日は、断捨離はお休み。

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

お誕生日おめでとうございます。

電波少年は見ていなかったのでそのグループはわからないんですが
すごい行動力じゃないですかー。
私も人見知りだけど‥できないわ~。
アネモネさん人見知りじゃないですよ。笑
たしかにファン同志で仲良くなるってよく聞きます。
楽しいんですってね~。
フランソワさんの件でも横の繋がりができそうですね。
by むーちゃん #-
2012/02/03(金) 21:20 [Edit
おめでとう
誕生日おめでとう。

昨日、授業参観で2分の一成人式をするという話がでたとき、ある保護者の人が「私は2回目の成人式だわ。」と言ったのを聞いて、なんだか感慨深くなってしまったのです。
成人式から20年か・・・。

そういえば、お兄ちゃんの具合は良くなったのかな?
わが職場では次々と病人続出だよ。気をつけないとね。
by gara #-
2012/02/03(金) 22:37 [Edit
お誕生日おめでとうございます!
立春がお誕生日なんですね♪
寒い中にも春を感じることの出来る日ですよね~
素敵な一年になりますように!


Bluem of Youth 懐かしいですね~
思わずyou tubeで見ちゃいました!!
今聞いてもいい曲ですね!
by slow #-
2012/02/03(金) 23:15 [Edit
むーちゃんさん
コメントありがとうございますv-238

追っかけもどきをしていたときは、自分でもビックリでした。
でも、本当に、いろんなタイプの追っかけさんがいましたが(よくみかける同じメンツ)、ご縁があった方は、本当に良い方達でした。
年上の方が多かったです。
だから楽しく続けられたのかもしれません。
あんまり熱心なファンではなかったのですが^^;。

フランソワさんは・・・私、にわかクラシックファンなので、たぶんムリです、友達作るの。知識無くて。

でも、自分の中で、この人のピアノを聴きたいから生きたい と思えたので、進歩です。
もちろん、子供のためとか、仕事を通じて自己実現とか・・・ありますけど。
何より、日々、彼の演奏を聴けば、元気になれるのが嬉しいです。
もう死んじゃってるから・・・音との会話ですけどね^^。なんだか、聴いていると、フランソワさんを感じるんですよね~。ものごっつぅ、お酒飲みすぎて、おいしいモノ食べ過ぎて、むくんでいるおじさんだけど。
by a・nemone #-
2012/02/04(土) 01:03 [Edit
garaちゃん
コメントありがとう。

2回目の成人式か・・・。
振り返ると、成人式までの自分と、その後の自分、だいぶ人生が変わりました。
早いねーー。
garaちゃんとも、もう20年弱のおつきあいになるんだね。
信じられない。あの、試験で声をかけた(られた)日のこと。暑かったよねーー。

息子は、大丈夫になりました。ひどい下痢にはならなかった。
なんとなく、娘にもちょっとうつっているみたい。
たいしたことにはならないくらいで。

インフル、すごいみたいだね。
夫から、あの人もこの人も・・・ってききました。
うちは、今のところインフルは大丈夫そうです。

こども達にうつさないように・・・拾いたくないよね。
by a・nemone #-
2012/02/04(土) 01:08 [Edit
slowさん
コメントありがとうございます^^。
立春の前の日なのですが、誕生日には春を意識していました。いつも豆&ケーキです。

bluem、懐かしいですか?
知っていてくれて嬉しいです。
ラストツアー は、素直になって聴くと、とても良い曲ですね。
昔カラオケで歌ったら、この曲を知らないけど、音楽好きの方が、『とても良い曲だ』とCDを探したそうです(ブームじゃないとき)。

私も、本当に久しぶりに、動画再生して聴いてみました。
いいですねーー。

by a・nemone #-
2012/02/04(土) 01:32 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。