10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の色

2012.02.08 *Wed*
父が昨日入院しました。明日、手術です。
体調も良いので・・・術後、回復が早いといいなと思います。

今日は、こども達と、お見舞いに行ってきました。
父は、こども達の顔を見るのが一番励みになります。
娘は、父のことを心配しているようでした。


昨日、ネットを徘徊していると、フランソワは、共感覚を持っていたという記述を見ました。

共感覚は・・・こちら

うーーん。
だからなのかな、独特の解釈。きらめくような音。色が見えるような演奏なんですよね。

実は私も、音楽好きですが、たまに聴きながらぼんやり色が浮かんでくることがあります。
それは、思い込みかもしれない。知識から来ている映像かもしれない。

そして、共感覚には、字や数字などにも色を感じるそうですが、それは全くありません。

で、今日、息子に聞いてみました。

字や数字に色を感じるそうです。

・・・

彼の書く、いたずら書き・・・文字を一文字一文字色を変えて書いていました・・・。

で、今日は病院の行き来に、フランソワさんのCDをかけたのですが、私と息子、それぞれ、曲から感じる色をいい当てっこしました。

ショパンのピアノコンチェルト1-2は、私『白みがかった黄緑』、息子『たまごいろ』
ドビュッシーの喜びの島は、私『赤、緑、橙がかった黄色、ちょっと紫』、息子『赤と緑』
ドビュッシーのアラベスク1は、私『赤とオレンジ』、息子『(嬉しそうに)赤と黄色。赤だよねーー』
などなど

そんな感じ。

私はね、さんざん聴いているんですよ。

息子は、初めて聴くような曲もあるのに・・・浮かぶようです。

でも、お互い、答え合う色の傾向が似ていました。私は、かすかに感覚の奥から引っ張り出してくる感じですが^^;。


息子は、4歳くらいの時に、人のオーラが見えると言っていました。

そのことを書いた記事
この時、首のあたりだけ、黒くなって、取れなくなったとも言っていました。

父のことなんかを鑑みると、あながちいいかげんに言っているのではないです。
全くそういう知識がない(オーラとか、具合の悪いところが黒くなるとか)のに、言っているので。


フランソワも、そういう感覚を味方に演奏していたのかもしれませんね。

あと、リストもそうだったらしいです。
『ここは、紫で』 『』なんて指示してたりしたそうです。

うちの息子は・・・どうしてやったらいいんでしょうかね。
子供らしくない絵を描きます。
見取り図というか・・・解説書というか・・・仕事で言ったら企画書みたいな絵です・・・。


共感覚は、乳児のうちは誰にでもあるなんて記述も見ました。
多くの人は20歳頃には消滅してしまうとも。

まぁ息子が特別とは言えないのですが、独特の感覚を持っている人 とは思います。

音楽の色だけは、ほんのちょこっとだけど、理解できるので、今日は楽しかったです。

あぁ、昨日しなかったので、今日は夕飯後にどこか断捨離します


ためしに、生まれて初めて、色聴テストってしてみたのですが・・・
こんな色が浮かびました。

 ド  赤茶色
 レ  黄色
 ミ  緑
 ファ オレンジ
 ソ  青緑
 ラ  薄紫
 シ  ごく淡いグレー

今、このサイトを読んでいて、結構当たっているかも(ちょっとうれしい)・・・なんて思ったりして。
色聴のことがのっているHP


私は絶対音感まではないです。和音全て言い当てるとかできないです。
ただ、音程やリズム感、音を記憶することは、平均よりできる方だと思います。

そういえば、子供の頃、ピアノを習っているとき、ソの水色っぽい色、ラの薄紫色、シの白っぽい色は、意識がありました。
そんなとらえ方確かにしていましたね。


世の中、知らないことがいっぱいですね。
そして、人間の能力は氷山の一角しか使っていない・・・みたいなの、感じました。
普段使ってない場所の脳みそを使ったので、ちょっと疲れました
 

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

フランソワとの出会い。ピアノ。息子ちゃん。そして色
僕にはパズルを読み解く様に、anemoneさんが今、息子ちゃんに何をしてあげなければならないかが解ります。
でも、それをするのは僕では無く母親であるanemoneさんです。

実は僕の上の娘(小学二年生)もピアノを四歳から習っていて、習い始めてから三年と少しになります。
今年の夏のピアノ発表会の曲を先日選考したのですが、先生が選んでくださった曲目の中に「子犬のワルツ」が含まれていました。

恥ずかしながら、僕はピアノの世界には疎いので、娘にピアノを弾かせるのだったら
「何時かはショパン!」
位にしか思っていなかったのです(((^_^;)

結局娘は、子犬のワルツ以外の曲を選んだのですが。。。


実は、僕は彼女をピアノ教室に連れていった当初から、彼女のピアノのセンスに非凡なものを感じ取っていました(親のひいき目も勿論あると思いますが(((^_^;))

僕も大学生時代までは本格的に音楽を趣向していました(残念ながらピアノは全然弾けませんでした(..))

ある楽器に対して非凡性(センス)を発揮する人は立ち位置と言うか。。。

楽器を構えた瞬間。或いはピアノだったらピアノに向かい合った瞬間に。。。何と言ったら良いんだろう(*_*)



例えばウチの娘だったら、当時四歳にも関わらず、まるで音大生のお姉さんがピアノに向かい合っているような、凛々し空気を身体中から醸し出していました。

「これはもうピアノをやらせるしかない」
と、初めてピアノを習い初めて簡単な音階を譜面と手元を交互に見ながら、一生懸命にピアノに向かっている娘を見てそう確信しました。

僕達親は、色々な事を子供達にやってあげられると思いますが、そんな中でも「見抜いてあげる」事ってとても大切な事だと思います。

今日学校で過ごした時の喜び事を見抜いてあげること。。。
喧嘩して不機嫌になっている事を見抜いてあげること。。。
悲しみを見抜いてあげること。。。
そして彼や彼女の能力を見抜いてあげること。。。

anemoneさんの息子ちゃんのエネルギーは、僕が察する所どうやら外に向かって飛び出していくタイプのものではなく、内に向かって突き詰めていくタイプの様にも思えます。


と言っても、ピアノの練習と言うのは幼い頃のanemoneさん同様に、娘にとっては本当につまらないものらしく(*_*)何時もおだてながらもピアノに向かわせるのに四苦八苦しているところです。

ピアノが上手になればそれに越したことはないのですが、終着駅はピアニストにすることなのでは無く。。。

ピアノや音楽を突き詰めていく事から派生する彼女の可能性。。。
それを引き出してあげたい過保護なパパの遊心坊なのでした(((^_^;)
by 遊心坊 #dvUYBDnY
2012/02/09(木) 18:30 [Edit
Re: フランソワとの出会い。ピアノ。息子ちゃん。そして色
遊人坊さん、コメントありがとうございます^^。

> 僕にはパズルを読み解く様に、anemoneさんが今、息子ちゃんに何をしてあげなければならないかが解ります。
> でも、それをするのは僕では無く母親であるanemoneさんです。

教えて下さい

ピアノを習わせるくらいしか思いつかないんです・・・。
息子の場合、音楽的なセンスはあるとは思うのですが、音楽なのか、絵(創造的なのは苦手、デザイン的なものが合っているようです)なのか・・・
でも、愛の挨拶の音をすぐ押さえられるっていうのは、音楽の能力があると思うので、音楽を習わせるのは・・・今わかる得意な面を伸ばすという点からもいいんでしょうね。

> anemoneさんの息子ちゃんのエネルギーは、僕が察する所どうやら外に向かって飛び出していくタイプのものではなく、内に向かって突き詰めていくタイプの様にも思えます。

これ、どきっとしました。
その通りです。
彼は繊細なので、折れないかがとても心配なんです。
だから自信を付けてやりたい。それには、得意なものを伸ばしてあげるっていうことなんでしょう。


この時期に、フランソワさんに出会って、音楽熱に火が付いたのも、息子のことにつながっていたのでしょうかね。
(私としては、自分がフランソワに恋したと思っているのですけど)

娘さん、すごいんですね。小2で子犬のワルツなんて、そうそういるレベルではないと思います
私は最後までそこまで行かなかったです^^;。自前で練習しました。

親の役目・・・見抜くこと。
そうですね、こんな小さいときに気づけて良かったのかもしれません。

メーカーのピアノ教室ではなく、個人の先生で、いい先生がいればいいんですけど、いないんです。
遠くまで通わせられないし・・・。
遊人坊さんのお子さんは、いい先生につながって良かったですね。

私自身は、今住んでいるあたりに先生が住んでいたのですが、旦那さんの転勤でもういらっしゃいません。
本当に芸術家の出で立ち、湯川れいこさんや佐藤しのぶさんみたいな感じの、いかにもって感じの先生でした。
それが、先生のお家の転勤で、その後カ●イの教室になったのですが・・・グレード試験てのが始まって、受けさせられて、すっごく嫌でした。で、受験もあってやめました。
だから、メーカーの教室は自分が嫌なんですけど、それしか近くにないので。


> ピアノや音楽を突き詰めていく事から派生する彼女の可能性。。。
> それを引き出してあげたい過保護なパパの遊心坊なのでした(((^_^;)

そうですね。そのとおりです。
子供の可能性の芽に気づいて、世界を広げてあげれれば、こんなにいいことはありません。

by a・nemone #-
2012/02/10(金) 00:23 [Edit
彼はきっと心の世界に生きている。。。
音楽は心の世界、心の表現。。。
特にピアノと言う楽器は、心を表現するには最適な楽器なのではないかと思います。


捨てなければならない時期にBOXでCDを買っちゃって、旦那さんが居るのにフランソワなぞに恋をして。。。


一体誰がそうさせているのだと思いますか(^q^)(表現はお説教っぽいですが、僕は笑顔でお話ししているつもりです(^^ゞ)

他の子とは違う趣の絵を書くことも、彼にとっての心の叫びです。



息子ちゃんがanemoneさんにフランソワに恋をするように仕向けてくれたのですから、何をしてあげたら良いか?の解答は、anemoneさん自身も分かっているようなので、そのようにさせてあげて下さい。


僕もヤマハ等の大手のピアノ教室はどうなのかな?って感じです。


我が家の在る所はanemoneさんもご存知の田舎なので、ピアノの先生を探すのにもちょっと苦労しました。

最初に体験しに行った先生は、娘が習っているダンスチームのある隣町在中。。。ダンスを習いに行くついでにピアノ教室にも行っちゃおうと軽く考えての訪問でしたが。。。

やれ「お月謝はピン札が礼儀」だの、「お中元やお歳暮の時の挨拶は正装で宜しく」だの(・・;)



「ピアノの世界と言うものはバレエの世界みたいに、こんなにもセレブで格式を重んじるのかぁ~!?(;o;)」

と(・・;)下町育ちの遊心坊も一旦は、鼻タレな愛娘にピアノを習わせるのを断念したのですが(*_*)。。。


調度その時期に、娘がリトミックを習っていたときの先生がピアノ教室を、同じ村の中で開いているらしいと言うのをカミさんが聞き付けて来て。。。

遊心坊も知っている綺麗で庶民的な先生だったので其処に即決しました(((^_^;)


その先生は、普段からリトミックやピアノ教室で小さな子供と接する機会が多く、やんちゃで礼儀知らずな我が愛娘の性格を心得ながら、別段芸術肌で厳しく教える訳でもなく、明るい雰囲気と、時に笑いの部分も織り混ぜながら、鼻タレな娘を楽しませながら上手くコントロールして、とてもフランクにピアノを教えてくださって居ます♪


近い内にanemoneさんのご近所でも、息子さんのスピリット会う先生が、縁があればきっと出会えるはずですから、慌てず忘れず普段通りに過ごしていれば良いと思います。




普段から自分達の回りで起こる事象には、意味が必ず先行して存在します。




その意味を垣間見る為には。。。




自分の感じたことを信じて取り敢えずでも行動に移すことです。



切っ掛けは何にせよ、一つの事象から派生する彼の可能性は、実は未来に向かって無限大の広がりを見せているのです。



anemone
by 遊心坊 #dvUYBDnY
2012/02/10(金) 07:36 [Edit
遊人坊さん
音楽は、心の表現。
そうですね、一つの表現の形・ツールですね。
息子自身が、ピアノを習いたいようなので、探してみようと思います。

そういえば、今日、私が習っていた教室の後身のカ●イの教室に、工事が入っていました。
お向かいのヤ●ハも、シャッターがしめっぱなしなんですよね・・・。
もう、習う子供もいないんでしょうか・・・。

> 捨てなければならない時期にBOXでCDを買っちゃって、旦那さんが居るのにフランソワなぞに恋をして。。。
>
> 一体誰がそうさせているのだと思いますか(^q^)(表現はお説教っぽいですが、僕は笑顔でお話ししているつもりです(^^ゞ)

ふふふ。やっぱり息子を導くためなんですね。
なんていいつつ、本気で恋しているので^^;、久々に心が元気になって、私としても嬉しい出来事です。
彼の演奏を聴くことは、一生の楽しみになりそうなので。

> 他の子とは違う趣の絵を書くことも、彼にとっての心の叫びです。
絵も、息子の可能性の一つだと思っています。
なんというか、webデザインのようなものは得意そうに見えます。

遊人坊さんの娘さん、酔い先生に出会えて良かったですね。
まさに、うちもそんな感じの先生に出会えたらなぁ。

それにしても、新札だの、正装だの・・・そんなことを言う方が、たぶん・・・原市にいるんですね-。
化石級ですね。


> 近い内にanemoneさんのご近所でも、息子さんのスピリット会う先生が、縁があればきっと出会えるはずですから、慌てず忘れず普段通りに過ごしていれば良いと思います。

家を探しているときも、そういうアドバイスをいただきましたね。
その通りになりました。
救いがあるときは、その時期に来たら、事が起こるようですね。
フランソワを私に与えてくれたe-446ってことは、そのうちにいい先生にも引き合わせてもらえるのかもしれません。

地元なので、少し調べてみます。

> 切っ掛けは何にせよ、一つの事象から派生する彼の可能性は、実は未来に向かって無限大の広がりを見せているのです。

息子の未来のために。
なんだかワクワクしますね。
by a・nemone #-
2012/02/10(金) 20:43 [Edit
ピアノは先生選びが難しいですね。先生次第で子供の豊かな感性を伸ばしてやることもダメにすることもありますよね。音楽性はあるけど、指導力+人間性が…。という先生や、音楽性はそこそこでも指導力があり人間性が素晴らしい先生もいます。私は後者の先生が幼いころから好きでした。前者の先生は、毎回レッスンが怖くて、私の出来が悪いと、私の両親の悪口も平気で子供の私に言ってしまう方でしたので…。音楽の世界は閉ざされているだけに、良い先生を見つけるのは親の力次第ですね。私も最近ようやく息子がピアノの前で遊ぶようになったので、素敵なピアノライフをブレゼントしてあげたいと思います。今はユーチューブでお気に入りのピアニストの動画を見せて遊んでいます(^^;)


そうそう、大手の音楽教室は経営難のようですね。音大時代の友達が、講師では食べていけないとのことで、次々に講師を辞めてしまっています。なんだか悲しいですよね。

息子さんに良い先生が見つかりますように☆
by はなもも #-
2012/02/22(水) 07:22 [Edit
はなもも様
自宅から歩ける範囲で探さないといけないから、いい先生が見つかるか・・・。
私がフルタイム勤務になるので。

私自身の先生は、芸術家タイプで厳しかったです。
でも、人格的にはちゃんとしていた方だったと思います(芸術家なので、普通の主婦とは違いましたけど)。

大手のピアノ教室もどうやら閉まっているようだし・・・。

今、幼稚園は前の住所の所へ通わせているので、情報が入らないんですよね。
実家の極近所で教えてくれそうな人はいますが・・・ちょっと。

それはそうと、はなももさんは、音大出身なんですね。
私みたいな、素人が書いているブログでお恥ずかしいです^^;。
でも、フランソワはいいですーー。

息子さんもピアノに興味が出てきたんですね^^。
音楽の楽しさを小さい頃から知っているのって、幸せなことですね。
今は、youtubeもあるし。
ピアニストの映像がタダで見られるって、恵まれてますよね。
by a・nemone #-
2012/02/22(水) 08:41 [Edit
そうですか~。情報がはいらないのは困りますよね。でも出来るなら納得いく先生に習わせてあげたいし。習いごとは良い先生につくのに限りますもね。あ、私、音大は
中退し普通の大学に通い直しているので、音楽は大したことだいんですよ(^^;)ただ、趣味として楽しくしています。最近はユーチューブでフランソワさまの動画も見れるし、いいですね。お子様にいい先生が見つかりますように。私も4歳児の息子に合う先生がいたらピアノ習わせわたいなぁと思います☆できればリストを弾けるようになってほしい!!男の子のリスト、かっこいい…。と憧れる母親です。
by はなもも #-
2012/02/22(水) 10:32 [Edit
はなもも様
とりあえず、ご近所にピアノの先生を知っていないか、きいてみます。
ご近所は、もう高校生~大学生くらいのお子さんをお持ちの方が多くて。

息子さんにリストですか!!
素敵ですねぇ。

ブログにも書きましたが、昨年、リスト音楽院に留学していた男性の演奏を聴いたんです。
なんと、見た目もリストにそっくりで(本当に)、ビックリしました。
背が高くて、手も大きかったです。

うちは・・・ショパンかドビュッシーかな。

youtubeのフランソワの動画は、彼の顔かたちも、何より指の動き(親指すごいね)が見れて、うれしいですね。って、やっぱり顔が見れることが一番嬉しいのかも。
by a・nemone #-
2012/02/22(水) 21:41 [Edit
フランソワさま、本当に本当に素敵ですよね。音色が角ばっていないというか感情的というか…。琴線に入り込むんです…。って、ちょっと熱くなってきましたが。それにしても、そんな素敵な演奏会に行かれたのですね!!うらやましい。リスト、あれは男性のためにあると思っていますので、息子に
期待しちゃいますが…。女の私では指が…。手が…。また、音楽関係の記事も楽しみにしていますね(^^)もちろん、生活の事のアップも楽しみにしています。
by はなもも #-
2012/02/23(木) 10:35 [Edit
はなもも様
え-、はなももさんも、フランソワのファンだったんですねe-451

そうそう、音が角張ってない。優しいですよね。
琴線に入り込む。 本当に。 初めて、こんなに気持ちが近く感じるピアノの演奏に出会いました。
なにからなにまでツボです・・・。こんな人いないよ・・・。大好きです。

リスト音楽院の方は、出張してこども達のために弾いてくれました。
ラ・カンパネラ弾いてくれましたよ。あとは、アンパンマンとか^^;も。

リストは、手が痛くなりますよね。私自身も手が小さいので、とってもとてもムリです。
でも、聴く分には大好きです。
メロディアスな曲でも、やっぱ、男性の弾く曲って気がしますね。
by a・nemone #-
2012/02/23(木) 11:43 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。