05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


服の断捨離 途中経過 & 館山へおでかけ

2012.02.12 *Sun*
こんばんは。

今日は、家族で館山へ出かけました。

この時期の房州は、一足早い春を感じられるので、大好きです。

鋸山を越えると、君津地域から、安房地域へ入るんですが、明らかに空気が変わるんですよ。
空気が、黄色みを帯びるんですよ(って、また共感覚のようですが・・・誰にでもわかると思います。)

今日は絶好の天気で、日差しがとても暖かかったです。

出発時は8度だったのが、房総では13度でした。5度も違うのかよ-。

夫は、館山に住んでいる知人の方を訪ねて、私とこども達は、ちょっとドライブへ。

娘を妊娠中にお参りした、洲崎神社へお礼参りに行きました。

ここはね・・・房州の先端。急な階段で、登ると階下に素晴らしい海の光景を拝める場所です。

和歌蘭さんぺいの独り言 さんから、画像をお借りしました。

img_1186668_38987291_0.jpg
img_1186668_38987291_4.jpg

この階段がね、きついんです。
一段一段の高さは低いのですが、幅が狭め。途中休憩の踊り場は少ない。

階段を前に一瞬、6歳の息子と、まだ歩くのが上手じゃない娘を連れて登れるのか??とやめようかと思いましたが、娘を抱いて、登りました。

年配のご夫婦もちょうど一緒に登りました。

最後は、股の筋肉がぷるぷるして、喉も痛くなって、かなりやばかったですが、登り切りました。

とてもじゃないけど、ひと休憩しないと降りれそうにないので、参詣し、のんびりしました。
ご夫婦の写真を撮ったり、みんなあめ玉をいただいたり。

一時頂上で休んで、息子を先頭に降りました。
ご夫婦も一緒に降りました。

旦那さんが、息子を励ましてくれながら、一段一段ゆっくり。

後ろに続く私は・・・娘を抱く腕がつらくて、もっと早く降りてくれーーって思いましたが、焦らせちゃいかんですね。

何とか無事におりました。
素敵な出会いでした。

行きの高速は、君津のあたりから渋滞していて、君津で降りて、いつもの下道で行きました。
以前はその下道も車が結構走っていたのですが、皆さん高速を使うんですね。下道はすいていました。自転車のグループが結構走ってました。

うちが使う下道は・・・

君津市小糸~清和~植畑~環~六野もみじロード~長狭街道~大山~平群~三芳~館山です。

以前はすれ違いのできないせまーーい断崖絶壁のような道でしたが、すっかり整備されています。
うちの父は、六野の方の出身なのですが、そのせいか富津の山奥の道は、私は大好きです。



さて、先日からやっていた、服の断捨離ですが、1階和室のタンスにしまう分の見直しで、9点抜きました。
20120211-1.jpg
袋に入っている分は、ユニクロの回収サービスに出します。

いただき物とか、自分の趣味ではないけど、仕事用にちょっと大人めのものを買わないと・・・と通販で買ったものなんかが抜きになりました。
通販のものは、実際手に取ると、自分の趣味じゃなかったです。とても素敵ですが、年齢層が高めでした。

一度抜いても復活するものもあるし、以前は残したけど、価値観が変わって抜き対象になったり。

私にとって、服の断捨離は、一度には片付かず、何度も何度もトライする対象のように思います。

抜き対象・・・通販・ネット、オークション、ユニ●ロ、フェリ●モ・・・あたりが多いです。
でも、買い物も一つの楽しみでもあるし、新しいときめきも入れないと、なんだか服装が古ぼけちゃうようで。
ほどほどに楽しみます^^;。

最近買った、earthのジーパン、いいです。
日本製で、ややデニムが厚く、柔らかく、織りが粗め、色は明るい空色でした。ボタンフライでした。
ボタンホールが紫色の糸だったりして、細かなところもかわいいです。

厚いデニムが好きなんです。
昔は、ラングラーの色落ちなしのジーンズを、はきこんで楽しみました。

最近のものは、ストレッチとかきいているけど、ちょっと薄くて・・・はきごたえがないというか。
501とかでも、昔より薄いデニムとかありますよね。



さて、今日は、フランソワさんの36枚CDの、最後の方・・・リサイタル(っていうと『ジャイアン・・・』が浮かんじゃう) を聴いています。

これは、本当に、ぶっつけ本番。
しびれます。
曲が終わったあとに、拍手が入って、『あ、これ、生で弾いていたんだ』って。
曲によって、出来不出来あるようで・・・なんだか、有名な曲(ショパンの革命ね)ほどぞんざいにきこえるのはなぜ??
宝箱みたい。何が出るかなって。楽しい演奏会です-。

フランス人は、出来不出来があっても、当たるも八卦的に、まるごとフランソワの演奏を受け入れていたそうです。
懐がふかいですね。

(録音ものも、フランソワの場合、一発どりが多かったらしいです。即、録って、即、のみに行く~みたいな。)。



今日は、館山に行く車中で、フランソワのCDも聴いたのですが、夫は私のブログの、フランソワさんネタは読み飛ばしているそうです・・・。

なんででしょうかねー

って、彼の趣味の一つに、浪曲を聴く っていうのがあるんです
彼の車に乗ったとき、そのCDが流れて(一刻も早く止めたくて)困ったこともありました・・・。

私には、さっぱりこっきりわからない趣味です。

『それと同じでしょ』。

そう、夫は、クラシック音楽に全く興味がありません。

ま、そういうことと理解しましょう。


で、車中で、フランソワさんの話もしたのですが、彼の酔っぱらいさんぶり、たまに冴え渡るような演奏すること、子供の頃のエピソード(親は全く音楽に興味のない人だった。コルトー先生にすぐに見いだされた。そんなコルトー先生もすごいとか)、奥さん始め、女性関係の話とか・・・を話すと、夫はたぶん、フランソワさんのことをおもしろい人だなぁと感じたようでした。

まぁ、そういうわけで、私のこころの浮気も許されたということでしょう。

最後の36枚目のリサイタルが流れています。
これ、調子イイですね。集中しています。

CD35枚目(これもリサイタル)の3日後のリサイタル。
全然曲目も違うんですよ。
プロのピアニストって、大変なんですね。
たまには飲み過ぎの後もあるわね(って、普通、コンサートあるのなら飲み過ぎないか

それにしても このCDで80分くらい。
聴く方もおなかいっぱいだし、弾く方の苦労は計り知れないですね。

同じ曲でもリサイタルだと、録音よりも、表現が伸びやかな感じもしますね。
ほんと、BOXCD、いいですよ・・・。

あ、今、シューマンの子供の情景でしっとりした後に、いきなりプロコのソナタ第7番です。過激ですねぇ。眠れなくなりそうだよ。

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )