08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと こぼす

2012.02.28 *Tue*
おはようございます。

私のインフルは、だいぶよくなりました。
ちょっと頭がくらくらする感じがしますが。

よくなったと思っていた娘、昨晩、授乳すると、吐息が熱い。

発熱していました。38.4度。
慌てて冷やしましたが、今朝は熱も下がって機嫌も良いのですが・・・。もう、お薬もなくて、今日は受診しないといけないので、これから行ってきます。もうちょっとかかるのかも。

先生も、B型は、熱が下がったと思っても、また上がることもあるので、ちゃんと体温を付けるようにいわれました。

さて、息子は、幼稚園の遠足です
電車とバスで、博物館へ行きます。
電車とバスを使うのがミソ!!
あれだけ電車好きなのに、普段あまり乗らない息子。バスも、私と2~3回乗ったっきりです。

お天気も良いし、よかった


さて、もう、1週間、うちに缶詰。
私自身も具合が悪くて、月に一度のあの方も来ているせいか、とってもイライラします
まだ、授乳しているので、更年期ではないと思いますけど。

なにって、夫にイライラするんです。

いたわりの言葉がないんです。私への。

子供には当然ありますけどね。

優しいを絵に描いたような人ですが、私に対しては言葉に出していわない。

私は単純なので、ちょっと言ってくれれば、頑張れるのに 。

子育てのこともそう。

前から何度も話しているのに、一向に変わりません。
変われませんよね。もう。40過ぎだもんね。

心の中では、わかってくれているとは思うのですが、これだけ言わない。具合が悪くても、言わない と、疑いたくもなります。


そう、言わせないような 『なにか』が私にあるのでしょうか。

(そうじゃない人、いたんだよなぁーー。二十歳くらいに出会っちゃったから、2人とも・・・。)←ひとりごと


夫は、『そういうところ』があります。
優しいを絵に描いたような人と思って結婚しましたが、人間は複雑なものです。7年一緒に暮らしてわかりました。


まぁ、ここにちょっと愚痴させてもらって、フランソワ聴いて、流しましょう。

笑顔で、息子ちゃんを出迎えなくては


以前紹介した、23才のフランソワ美青年のデビュー作!!
ラヴェルのスカルボの演奏が、ありました。

ちなみにこの画像のフランソワは、23才じゃないですよ・・・。
けむいよーー。

闇から浮かび上がるような演奏。



 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT

見返りのない労働
アメリカの調査では、専業主婦の労働を給料に換算すると、なんと年間1500万円の労働に値する、という報告も出ています(専業主婦が行っている仕事を、保育士や料理人、家政婦、運転手などの時間あたりの給料に換算したもの。ちなみに専業主婦の週平均労働時間は、91.6時間で、会社の平均労働時間の二倍以上となっている)←「忙しいパパのための、子育てハッピーアドバイス」明橋大二著 一万年堂出版より抜粋。。。

上記の本は、「子育てハッピーアドバイス①~③」シリーズの続編で、男の人の為の子育て本です。人気のある本で子育てにおける基本中の基本しか書いてありませんが、僕は今でも確認の為にその本を開くこともあります。


子育ての何がストレスになるか?どうして働く主婦が増えているか?と言ったら、経済的な理由も勿論ありますが、子育てが社会的に中々認知されない労働であるのに対して、社会人として働き給料を得るという行為が、容易く社会的実力満足度喜得る事が出来るからなのではないでしょうか?


僕も日々の暮らしの中でカミさんと喧嘩もしますが。。。
夫婦が仲良く子育てをし家庭生活を維持する秘訣は、旦那が奥さんに「ねぎらいの言葉をかけ&誉めちぎる事」です。

今日の晩御飯は美味い!
何か今日は綺麗に見えるね!
頑張ってるなぁ~、皿洗いは僕がやるよ!
あ!〇〇ちゃんウンコしちゃった?オムツ交換僕がやるやる!やらして!
フランソワさんってカッコいいしピアノの演奏も凄いね!


なぁ~んでもいいから、旦那さんは自分の妻を認めてあげる言動を普段から心掛けるのです。
by 遊心坊 #WUFC7FN6
2012/02/29(水) 14:33 [Edit
遊人坊さん
あぁ・・・遊人坊さんには、私が伝えたかったことが、ちゃんとわかってらっしゃったんですね。

ある先生が、私たち夫婦に、『奥さんのしていることを、ほめて下さい。ねぎらって下さい。』と言ってくれました。
言葉に出さなくてもわかる じゃなく、言葉に出さないとだめなんだ と何度も念押しされました。
その話を2回、言われました。

その先生は、お父さん達だけを集めて、講義を開いて、その時も、同じ事を確認したそうです。

私自身も、何度かそう話しているのに。

なんだか、今回は、体が弱ったので、『言わなくても、ちゃんと家事も協力しているよ』的なことが、鼻につきます。
紙ゴミがいつの間にかきれいに十字に縛られていたりね。

そんなことより、一言、『(私の調子)大丈夫?』って言ってくれた方がよっぽど嬉しいですよ。

> 今日の晩御飯は美味い!  ← 夫が自分から言ったことは7年間無い
> 何か今日は綺麗に見えるね! ← 全く無い!!
> 頑張ってるなぁ~、皿洗いは僕がやるよ! ← 何も言わず、やり始める事あり。
> あ!〇〇ちゃんウンコしちゃった?オムツ交換僕がやるやる!やらして!  ← 何も言わずやる
> フランソワさんってカッコいいしピアノの演奏も凄いね! ← 絶対無いだろう



こんな風に言ってくれたら、家庭生活は、スムーーーズに、ニコニコで、私も相手のことをフランソワ並みに好きになるでしょう。


> 夫婦が仲良く子育てをし家庭生活を維持する秘訣は、旦那が奥さんに「ねぎらいの言葉をかけ&誉めちぎる事」です。

> なぁ~んでもいいから、旦那さんは自分の妻を認めてあげる言動を普段から心掛けるのです。

ほんと、これが秘訣だと思いますよ。
これがないから、ほんと、たまのたまでもいいから、言ってくれ、って言ってるのに。

仕事を始めれば、他にほめてくれる人もいるので(笑)、気がそれるんですけどね。

それにしても、自分の奥さんにキレイになって欲しいと思えば、『きれいだよ』ってほめるのが一番の薬ですよ。
まったくわかっとらん。
遊人坊さんは、よくわかってらっしゃいます^^。
by a・nemone #-
2012/02/29(水) 17:59 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。