05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


トマトソースを作った

2012.03.04 *Sun*
重い腰を上げて、冷蔵庫にたまったトマトを有効活用すべく、今晩のスパゲティに使うべく、トマトソースを作りました。

レシピはこちら。
Cpicon 自家製☆トマトソース☆ by megorin

いつもお世話になっているレシピです。

うちは、夫の仕事の関係で、トマトをたくさん持って帰ってくるので・・・。でも、トマトってあまり大量に食べるものでもないですよね。
それで、作り始めたのですが、今では、このソースの在庫がないと、パスタを作りたくない(市販のソースは、もう、イヤ)くらいになってしまって。
おいしいんですよ。

うちは、小袋に分けて冷凍して置いて、温めるときに、味付けを調整しています。
なんかわからんけど、醤油を入れると良い感じ。ケチャップ、ソースも入れますが・・・。

20120304-1.jpg
20120304-2.jpg
20120304-3.jpg
20120304-4.jpg
20120304-5.jpg
20120304-6.jpg

ま、こんな感じです。皮を湯むきなんてしていません。そんなこと・・・めんどくさくて
できあがりの時に、くるくる縮まった皮が残りますが、全然問題なし だと思ってます。


このソースを作り始めてから、息子が、ぺろりとパスタを食べるようになりました。
だから、おいしいんでしょう。




さて、ラヴェルの管弦楽バージョンをしばらく聴いて、意外と・・・アバドのバージョンが、やっぱりよかった。

20120301-8.jpg
↑ 左のヤツ。

もちろんクリュイタンスの極彩色もいいです。
アバドのバージョンは、よくまとまっている。そして、イタリア人だからか、熱さもある。
手勢のロンドン交響楽団との息もぴったり。なんか、『みんなが一丸』となっている。

マ・メール・ロアのラスト、良すぎーー。何度も聴きたくなりました。

実は、今、手持ちで、4枚の『ボレロ』があります。
クリュイタンス、アバド、マゼール、カラヤン。

カラヤン・・・聴いてません。マゼールは、最初買ったんだと思う。ラ・ヴァルスが入っていたので、大学の時によく聴いてました。たぶん同じ頃にアバドを買った。カラヤンは、展覧会の絵が入っていたので、買いました。

アバドの、ラヴェル。おすすめです。



HMV 3CD

この盤は、なんと言っても、『ボレロ』の最後に、楽団員の(??)歓喜の雄叫び が入っていることで有名です。そのくらい感極まった演奏だったということでしょうか。



そして、満を持してというか、頭がラヴェルになったところで、フランソワのラヴェルを聴いています。
また、ゆっくり書きますが、 すごいものを聴いてしまったーー!!です。

フランソワのラヴェルは、もう、決定版といわれるほど、何から何まではまっている と言われますが、時に怖いくらいはまっていて、聞くのがつらくなる なんて言われるくらいですが・・・

36枚CDの№17を何度も聴いています。

亡き王女のためのパヴァーヌ
高雅で感傷的なワルツ
前奏曲 
シャブリエ風に
ボロディン風に
水の戯れ
ハイドンの名によるメヌエット


・・・

ツボツボな曲の進行。

あぁ、亡き王女のためのパヴァーヌは、ニコ動でどうぞ。

ニコ動 亡き王女・・・

こんなやさしい、完璧な演奏、聴いたことないですよ。この人は、本当に特別なピアニストなんだ。
個人的に、高雅・・・なワルツなどの、コテコテした曲が入ってくるのが、とっても心地よかったです。



そして、この№17は、これで終わらんのです。

最後の最後に・・・フランクの前奏曲、コラールとフーガ が1曲入っていて、これに驚くとともに、やられます。



フランソワのラヴェルは、唯一無二です。

なぜなら、彼のラヴェルは、ジャズ なんです。


ニコ動 クープランの墓

ジャズバーでしょこれ。グラス片手だろ。お兄さん、イカスね-。

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは
anemoneさん、こんばんは

先日はコメントありがとうございました。
私もいつもanemoneさんのブログ見せていただいてます。

トマトソース! いただきです。
パソコンのお気に入りに入れました。
うちはお昼ご飯を夫や長男と食べるので、パスタは欠かせないメニューです。
いつも、最後の味付けに市販のトマトソースを使ってしまいます。
面倒だから ^^;
夏になってトマトが豊富になったらanemoneさんみたいにたくさん作って冷凍しよっと・・・楽しみ~♪

フランソワのラヴェル、持ってますよ。
でも、フランクは入ってないからanemoneさんとは別の版かも知れません。
anemoneさんに刺激されて、身を入れて聴いてみようかなあ、という気持ちになりました。

ではまた (^^)/~~~
by ゆみこ #T.gVgKvs
2012/03/04(日) 22:54 [Edit
ゆみこさん
こんばんは☆

トマトソースは、自分の好みの味付けにできるのがいいところですよ。
市販のものは、特に子供にはきつい味が多くて、なかなか好みのものが探せないでいました。
トマトが出回る時期に、ぜひお試し下さい^^。

ゆみこさんは、ドビュッシーもラヴェルも、フランソワのCDをお持ちだったんですね。
すごい!!センスいいですね^^。

ドビュッシーもラヴェルも、フランソワはフィットしてますよね。
ショパンは、フランソワが『ショパン大好きi-176』って言ってるような演奏がたまにあって、そこがかわいいです・・・。
私は、1957年オケ盤のアンダンテスピアナートと大ポロネーズが、至宝だと思っています。

私が聴いているCDですが、フランソワの全録音が入った36枚もあるCDBOXなんです。
だからか、ラヴェルと一緒に、フランクが1曲だけ入ってるんです。

彼のフランクやフォーレもとても思慮深い演奏で、素敵です。

こんなすばらしい音楽がたった7000円もしないなんて・・・と思いますけど・・・。

私はフランソワの演奏は、アクが強いとも思わないし、ど真ん中ストライクでしたが、通説では全く合わない人もいるそうで・・・。
でも、ドビュッシーとラヴェルについては、広くおすすめできます。
ショパンは、個性的なのかもしれない、曲によっては。


> anemoneさん、こんばんは
>
> 先日はコメントありがとうございました。
> 私もいつもanemoneさんのブログ見せていただいてます。
>
> トマトソース! いただきです。
> パソコンのお気に入りに入れました。
> うちはお昼ご飯を夫や長男と食べるので、パスタは欠かせないメニューです。
> いつも、最後の味付けに市販のトマトソースを使ってしまいます。
> 面倒だから ^^;
> 夏になってトマトが豊富になったらanemoneさんみたいにたくさん作って冷凍しよっと・・・楽しみ~♪
>
> フランソワのラヴェル、持ってますよ。
> でも、フランクは入ってないからanemoneさんとは別の版かも知れません。
> anemoneさんに刺激されて、身を入れて聴いてみようかなあ、という気持ちになりました。
>
> ではまた (^^)/~~~
by a・nemone #-
2012/03/05(月) 00:34 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )