こんばんは 

小物づくりはやったの?夕飯ごちそうにしないの?(娘の誕生日)って感じですが、なつかしの、愛聴盤をかけてみてます。

これです。

20120309-1.jpg20120309-2.jpg
ドビュッシーの、『海』、『牧神の午後への前奏曲』、『夜想曲 より』『イベリア』
シャルル・ミュンシュ ボストン交響楽団

1956年、1962年、1957年の録音です。

もう、これこそ、どれだけ聴いたかわかりません。

買ったのも、早い時期でした。
そもそも、クラシックにはまったのは、このドビュッシーの『海』と、『牧神・・・』、リムスキーコルサコフの『シェエラザード』のおかげです。

(シェエラザードは、これを聴きながら、吉川英治の三国志を読んでいたので、三国志のBGMは私の中では、シェエラザードなのです。結構あってるよ。)


特に、『海』と、『牧神・・・』は、たまに聴きたくなる、聴かないと禁断症状になるような、それほど好きな曲です。


ちょっと、調べたら、この盤は、結構名盤のようです。
ミュンシュですから、古い録音なのですが、購入当時から古いとは思ったことないです。

そういえば、フランソワさんも、ミュンシュと一緒に撮った写真がありましたし、共演したこともありますね。
samson115.jpg
これ、ミュンシュだよね。


こころから大好きな曲を、運良く、よい演奏で聴き続けられたことが嬉しいです。


本当に、『牧神・・・』を初めて聴いたとき、世界が変わった。体が震えました。そして、ドビュッシーという人は、天才だと思いました。
この時から、私はずっとドビュッシーが好きです。
久しぶりに、牧神を聴いていますが、やっぱり素晴らしいです。

超有名な曲ですが、まだ聴いたことない方は、是非聴いてみて下さい。




こんなおもしろいものも見つけました。
でも、あんま、このイメージが強烈なので、何度も見ない方がいいかも。ドビュッシーの音楽には、一種、こんな感じの色彩・世界はあると思いますけど。


古くはファンタジアですね。これも、初めて見たとき、度肝を抜かれました。



こちらは、1940年盤で、カットされてしまった、ドビュッシーの月の光です。
なんて美しいんでしょうか。
こんな映像を、感受性の豊かな時期に、観たかった。
うちのこども達は、観てくれるだろうか。


 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://anemone0203.blog52.fc2.com/tb.php/496-841d1066
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
フリーエリア

現在の閲覧者数:

最新記事
リンク
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
02  01  10  06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 
プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。