10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


覚え書き イイ曲メモ

2012.03.18 *Sun*
わぁ、今日は結局たいして片づけできなかった。

明日、やります!!

今、12:30。

いいかげん、復職に向けて、夜更かしはやめよう。やめる方向にリハビリ。新聞屋さんがバイクで来るのを、フランソワ聴きながら迎えるのはやめよう。

youtubeにものっていた、フランソワの36枚CDで、『ビビビ 』とキタ曲を、貼っておきます。

特に、フランクの5重奏曲は、フランソワには珍しい、室内楽です(弦楽器+ピアノとか)。
この録音はね・・・1970年の6月30日~7月10日なんです。
フランソワが亡くなったのが、1970年10月22日ですから、亡くなる3ヶ月前の演奏なんです

とても体調も悪かったかと思うのですが、命を振り絞るような演奏であり、そして輝くような素晴らしい演奏です
15分くらいのところなんて、フランソワを思うと、泣けてきます。



何かで読みましたが、フランソワは、自分なりのテンポや、節回しで弾くため、合わせもの(with オケなど。室内楽はほとんど録音がない。)は、合わないことも多かった、合わせづらい演奏者なのですが、晩年、このフランクと、フォーレの室内楽を2曲録音したのですが、共演したベルネード四重奏団は、『フランソワは、自分たち、弦楽器と同じように(弦楽器を弾くように)ピアノを弾いてくれて、とても合っていた』と言うようなことが書いてあったと思います。

いつだか、ブログに『後で書きます』と書いていたのは、この珍しい室内楽2曲を聴いたときです。

やっぱり、もう少し、長く生きてほしかったです。元気で。
彼の音楽は彼にしか出せないものなので。

死後40年ですか。彼の死後、1年3ヶ月あまりで、私が産まれました。
彼の死後を、私は生きてきたようなものです。
なんだか、申し訳ないような気持ちになります。
生が重ならなかったことがさみしくもあります。
まぁこうして、今ですが、出会えたのは、よかったか。

もう1曲、シューマンの謝肉祭の一部です。
これは、メロディアスな曲で、いかにも、かっこいいフランソワに弾いてほしい曲ですね。
こっちは若い時の録音です。
かっこいいでしょ。



あとは、フォーレの即興曲第2番のラストのジャズっぽい、オシャレな処理の仕方が大好きなのですが、動画がなかったです。

あ、もう、1時過ぎ。寝ます!!

 参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

10  06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )