05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


母親やめてもいいですか を読みました

2013.09.07 *Sat*
食洗機が修理から戻ってきました。
故障の原因は、洗剤がこびりついていて、弁に付着して動きが悪くなったようです。

ここ数年は液体の洗剤にしていたのですが、それ以前はずっと粉タイプを使っていました。それしかなかったような。
なので、昔の洗剤のこびりつきですね。

修理のかたは、液体洗剤を使えばそういう心配は少なくなるし、たまに洗剤を入れずに空運転をして下さいとのこと。

その他、いろんな箇所を修理してもらいました。

ほんと、食洗機は相棒です。


さて、前回のエントリーで子供に関することを書きましたが、こんな本を頼んでいて届きました。



かなりの衝撃のタイトルですよね。

レビューも賛否両方ですね。

・・・

私は、驚きました。

あまりに自分とこの著者が同じだったので。

あの暗闇の宣告のあと、私は狂ったようにネットや本で調べました。

そして読まない方がイイと頭の片隅で警報が鳴っているのに、著者と同じように自分が辛くなるようなブログを読み、果てしなく落ちました。

死を考えたこともあります。

私の人生、どうしてこう壁が立ちはだかるのか(そう、壁です。跳ね返される感じ、運命から。)。

誰に怒っているのか、わからない。神様?運命?悲しいのか,悔しいのか、わからない。
いつも貧乏クジ引いて、こんどは障害?何で私ばっかり。


これは告知されたときの著者の気持ちですが、私も全く同じことを思いました。

うちの場合は全く指摘されるまで違和感を感じたことがなかったので、世界の何よりも誰よりも大切で愛しい存在でした。私にこんなたからを与えて下さって、神様に心から感謝していました。愛を知ることができたんですね。

それが青天の霹靂で足元どころじゃない、谷底(地獄ですね)へたたきつけられた。

今でもあの園長達を恨んでいます。

それは本当に恨んでいます。他人からあのようなことをされたのは、許せないです(告知の仕方が悪かったんですね)。



この母親が結局夫と義両親に子供を渡してしまった事実、それなのに本を書いたと言うこと は同意できないけれど、この母親の心の動きは、本当です。私が同じだったから。

ただ、最後の9歳になった娘さんの様子が、心に突き刺さりました。

今度他のお母さんにも貸してみようと思います。


私は、療育先、夫、そして子供の頑張り。自分も仕事に復帰して、一日中子供のことを思い悩むことがなくなったことで、私にも子供にもその環境の変化が良かったと思います。


良書とは言えないですが、リアルです。これが現実です。


 片付け隊、平日にできなかったお題をやらないとね。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )