06
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


ショパンのバラード1番

2013.09.14 *Sat*
台風が来るぞ-。

農業に関する仕事をしているので、気象には敏感です。

昨年の秋は千葉は大きい台風に遭遇しませんでした(6月にあったんですが)。
いよいよ来ます。

心配です。



さて、先日録画していたNHKBSの番組を観ました。
ショパンのバラード1番にまつわるドキュメンタリーです。
イギリスと仙台の若い男女がショパンのバラード1番に寄せる思いを自身の経験と絡めて語られる内容でした。
時折、ランランやアシュケナージ、シフといった現役ピアニストの解説や演奏をちりばめて。

この曲は最近(ちょっと前か)では戦場のピアニスト で使われたことで有名になりましたね。


番組の最後にシフによる演奏が流れて(とても良かったです)、フランソワのバラ1を聴きたくなりました。

・・・

すっげーーいいです。いやーー、フランソワってすごいなぁ。

バラ1、ドラマティック。

バラ色。バラード4作品を聴いていると深いボルドー色や青紫色、深紅を感じます。
バラードはバラ色なんですーーー


思えば、このバラ1を偶然youtubeで聴いて、

『なんだ、この人は。なんだか、すっげーぞ。これまで聴いた音楽と全然違うんじゃないか。もしかしてホンモノの音楽じゃないか。』

と何度も繰り返し聴いたのがフランソワとの出会いでした。





録音は1954年。フランソワ30歳の充実した演奏です。曲の解釈はずっと変わっていないと思います。後年の録音も同じですし、バラ4もyoutube動画の後年のものもやはり同じ解釈のようです。
ということは30歳でもうできあがっているということです。
この解釈が、完璧。スピード感、きらびやかさ、甘さ、静寂、激しさ、品格とどこか俗的というか人生、普通の人の人生を反映しているような優しさ・許容されているという感覚・・・
(この普通の人の人生観に降りてきてくれて寄りそってくれるのが、フランソワの演奏の魅力なんだと、私は強く感じます。)


バラ1のラスト付近ですか、ペダルを踏む音がリアルにガシガシ聞こえてきて、心を打ちます。


あらためて、バラード2番、3番も聴いて、このバラード4作品を通じたフランソワの作品感というんでしょうか、それに浸っています。3番もイイネ♪


1954年ですからモノラル録音です。このベールがなければ・・・もっとクリアに聴ければ・・・ とも思いますが、フランソワの真剣さはしっかり伝わってきます。あぁ、ピアニストの心が伝わってくるんです。それがフランソワの演奏の魅力の一つです。

30歳の気力体力美しさ充実したフランソワですからね。かこいい。

やはり、ショパンのバラードはいいですね。



それから、ヘッドホン、AKGK701も調子が出てきたのではないかと思えるんです。最初は迫力がないと感じていたけど、最近は馴染んでます。

フランソワの36枚全集、いよいよ入手が難しくなってきたようです。
私は2セット持ってます。



オークションや、海外のAmazonでは購入できるのかな。

一時は5000円を切ったような時もあった。信じられないね。
一生分の芸術です。

SACDなど、もっと高音質で再現されれば買い直します。


うわーーー、バラ4のラストのガシガシ床を踏む音!!!マジでかっこいい 


バラードの後に続くマズルカもいいんだよね。
この軽さ、さらーっと次々流れる短いマズルカの数々。フランソワならではのリズム感なんですよね。
弾きこなしている。ジャズばかり弾いてたそうだから。一曲一曲歌ってます。

あぁ、ほんとにかっこいいひとだなぁ。

お宝映像です。
フランソワの素晴らしさが伝わります。
孤高、“ここだけ”次元が違いますよね。
 


おもむろに弾き始める(くわえ た・ば・こ !!)のが、いかします。

3連休はウチにいます。平日できなかった片付け隊をやりたいし、服の見直しを本気でやりたい。昨日、かれこれ20年前のとっておきにしてたシャツを着たら、職場のおじさんに『誰かと思ったよ』と言われた。それは、いけてない ってこと。シルエットが古くて、みすぼらしかった。自分でもやだった。今似合う服に入れ替えよう・・・。

 
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )