07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が生まれる前の記憶を話してくれました。

2014.02.02 *Sun*
こんばんは。このブログ、ちょっとお休み気味でしたが、ちょびちょび書いていきます。

うちの娘は3歳10ヶ月です。

半年前くらいでしょうか、生まれる前の記憶を突然話してくれました。
全く知識は入れてません。
そして、確信したのは、先日突然話した、生まれるその前の出来事です。これには参った。
とても嬉しかったので、書きます。

まず、半年前くらいの話。

娘ちゃんは、どこから来たの?
と私が何気なく聞くと、

『ABCの船に乗ってきた』。
『虎さんが運転してくれた(娘は 寅年です!)。』
『時間だよ って呼ばれて、虎さんの船に乗った』
『虎さんにありがとう言って、歩いてきた』
『そしたら、お母さんの『ごはんだよーー』と言う声が聞こえてきた。怒った声で、いやだった(泣)』

とのことです。
虎さんが船を引いてくれて、走り出したら、ぴょーーーんと飛び乗ったそうです。虎さんはおっきい、ホンモノの虎さんだったそうです。

干支の動物がその役目をしているんでしょうか。
娘には、あなたは寅年 と教えていませんし、虎の画像とか、ぬいぐるみとか、特に知識も与えてません。
ネットで画像を見せたら、『これだ』と、普通の大きい虎を指さしました。大きかったそうです。


そして、もっと驚いたのが、先日話してくれたこと。

これは、私が尋ねるわけでもなく、勝手に話し出しました。


『11とか12の時にね、歩いて(?今回は船でもなく、動物の話もない)いたけど、葉っぱで行き止まりで、違う方に行ったけど、そっちも行き止まりで。そしたら、羽が生えて、飛べるようになって、●●ちゃんのお家に帰ったの。』

仰天です。

このブログにも書いたかもしれませんが、私は娘を生む前に一度流産をしています。12月の大晦日でした。妊娠がわかったのは12月初旬でした。
トイレで、3mmくらいのシラスのような・・・あれは赤ちゃんだと今でも思っていますが、出てきたので、拾い上げて、お寺へ納めました。

その子が、娘だったんです。

また、私の所へ来てくれた。あのシラスちゃんが来てくれたんだ。

これ以上の喜びはありません。

家族が幸せな分、あの子のことを忘れてしまってはかわいそうだと、神棚に納めたお札を見る度に思ってきました。

そうじゃなかった。

娘だったんだ。2度も私の所へ来てくれたんだ。そう思うと、本当に愛しいです。

ありがとう。

この家族でいいんだ。自信を持てました。



ありがとう。私の所に2回も来てくれて。大切にします。


あぁ、今流れてきたのは、この曲。いつも子供達との繋がりを強く感じる時にこの曲が流れてきます。
(去年、息子が緊急入院した時にこの曲に励まされました。)





★参加しています。更新の励みになるので、よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

スピリットを感じる。
anemoneさんお久し振りです。
最近は通勤中に、日本の近現代史等をネットでお勉強をしていて、中々ブログにお邪魔出来なくて申し訳ありません。。。近現代史というのは、例えば日本人の根幹に伝わっている神道とか(一部新興宗教家は否定するでしょうが)戦後レジームからの脱却とは何ぞや?とか。。。江戸幕府末期のペリーの来航から日清、日露、大東亜戦争そして敗戦。。。GHQ支配下による東京裁判等々
まぁ~色々お勉強しているうちに、お陰様で僕自信は精神的にかなり右傾花してきました(*_*)(かといってマスコミが報道するような、右傾化は戦争を誘導するというプロパガンダにはホトホト呆れるばかりです)
いわゆる保守的な思想を趣向する人は(安部晋三総理しかり石原慎太郎しかり)日本の文化や伝統の重みや重要性を知り、「おもてなしの心」に代表される、日本人固有の心をこよなく愛し大切にする人たちなのです。

前置きがだいぶ長くなってしまいましたが。。。

僕の小学四年になる上の娘も、3才くらいの時だったかなぁ~。。。生まれる前の話を目をキラキラさせて、僕にお話してくれた事がありました。

我が家の娘の場合は、どうやらお空の上(高い目線)から、当時は子供が居なかった僕たち夫婦が、音楽を聴いたりダンスをしたり夫婦喧嘩をしたり(--;)している様子を見ていたそうです。

ある時、一緒にいたおじいさんみたいな人に催促されてカミさんのお腹の中に入ったと言っていました。

お空では何人かのお友達に囲まれて暮らしていたそうですが、残念ながらパパやママのこの世に生まれる前の姿(魂)を見たことは、記憶に無いという事でした(*_*)

僕はスピリチュアルな観点を学びたいとき、飯田正彦先生の著書を好んで読みますが、その本の中にも生まれる前の記憶を話してくれる子供たちの例が、全国的に沢山ある(つまりそう珍しい話ではない)事も載っていました。

先日は大雪で内房地方も大変そうでしたが(九十九里辺りはそうでもありませんでした)

お互いに健康に留意しながら明日からも頑張りましょう(^-^)v。
by 遊心坊 #dvUYBDnY
2014/02/10(月) 18:04 [Edit
Re: スピリットを感じる。
遊人坊さん!!!

ご無沙汰です。うぅ・・・読んでくださって嬉しいです。

娘のこの話は、興味深かったです。
なにより、2回も私の子供になるチャレンジをしてくれたと知って、ますます愛が深まりました。

遊人坊さんの娘さんも覚えていたんですね。しかも3歳くらい。同じですね~。

きっとあの世というものがあるんでしょうね。
私自身は、子供の頃(9歳くらい)に迎え火に向かって大きなオレンジ色の月のようなものがスーーっと飛んでいくのを見て以来、あの世ってものはあるんだろうと思ってきました。


遊人坊さん、右傾化 なんですね。
私もそ◎かの後輩を機に、そうなりました。
ただ、遊人坊さんのように、歴史をしっかり学んでいるわけではないので、ねとうよと同じようなものかもしれませんが、信用してはいけない人がいる、人たちといえるでしょうけど、そういう世界があることを認識しました。
ただ、そういう人と関わらずに、生きていきたいものですが。

日本のよさ、日本人の良さを大切にしたいですね。
なんだか、そうしたくない人 の力で、今の日本はおかしな洗脳みたいなもので覆われているような気がします。ですが、きっと日本人は強いんではないかと、民力が強いんじゃないかと思うことがあります。私たちの持つ民力まで腰砕けにされないように、子供達が腰砕けにならないように、しっかり私たちが生きないといけませんね。

まとまりませんが、そんな気持ちです。
by a・nemone #-
2014/02/10(月) 22:50 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。