--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.10 *Sat*

2001年宇宙の旅 はやっぱり衝撃。

こんにちは。
やっと休みです。
連休明け3日間は、かなり忙しかったです。何とか仕事をこなしました。

昨晩は観たいテレビもなく、録りためたビデオから 2001年宇宙の旅 を観ました。

(え、たったの1400円か。)


これを見たのは2回目。

前回は2001年を少し過ぎた頃に見ました。

有名ですけど、内容をよく知らないで見た。

・・・

ものすごい衝撃だった。

とにかくすごくて、見終わって、『何だったんだ』。

そして、ワープの場面。あれ、ものすごく共感した。ワープしている間の場面。あれ、私のアタマの中にも、あんなのがあったから。

ただ最後の部屋の様子が、良くわからなかった。

見終わって、とにかくすごいものを見てしまった というのと、あのワープの所の映像は自分が感じていたものに近いものを見たというか、自分の感覚を確認したってこと この2つが印象に残った。


何の情報もないまま見た感想がこれです。
特別な映画として認識しています。


で、2回目。

今回はストーリーを追えました。一度見ているから、ビックリしたり、次は何だろ・・・がないからね。

で、ワープの場面は共感しました。
あの映像は、たぶんこれからも見たくなる。


実は、子供の頃から、眠る時に、目をつぶると光の残像が残りますよね。それをずっと追うんです。
黄緑の目の形(20世紀少年のあのマークみたいなヤツ)の残像がまぶたの裏の黒いスクリーンにあるわけです。
その黄緑の形は細かい点で形成されていて、その点はじりじりとうごめきます。
それがなぜか、人の顔複数に変わっていくんです。
人の顔に変わると、次第に色はうすくなり、黄緑は消えていく・・・

それを楽しんで(確認して)いました。

しかし、この黒いスクリーンは何だろう。
どうして目の形で残るんだろう。
なぜ黄緑なんだろう。
このスクリーンと、アタマの中で想像する時に浮かぶスクリーンのようなモノは一緒じゃないようだけど、つなげることも出来る気がするし。
いったい、どうなっているんだろう。このスクリーン達はなんなんだろう。

黄緑の光は、自然に人の顔に変わるのですが(幼い頃は確実に変わりました)、成長すると変わりにくくなりました。そんな時、人の顔に変われって念じると変わってきたりして。私の意志とも連動している。


2001年宇宙の旅を観ると、この感覚がよみがえってくるんです。

熱で寝込んでいる時に感じた、色彩、空間感覚、ざわざわした音。こんなのもリンクします。

ちらっと、この黄緑の光の浮かぶスクリーン の謎を勉強する道へ進めば良かったかも なんて思います。


ただ、この映画は特別な一本です。

動画であるだろうか・・・ワープシーン。


あったよ・・・すごいよ。
ダメな人も多いかも。気分悪くなったらやめて下さい。


お口直しに、ヨハンシュトラウスにのせて・・・。


この映画、触れちゃいけないところに触れてる気がする。

これを1968年に作るって、どういうことだろう。


☆ お読みいただき、ありがとうございます。片付けを続ける励みになります(ぺこり)。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。