11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


若い人に説教して反省

2016.05.15 *Sun*
こんにちは。
新しい職場にも慣れてきました。
長年いた前職場のようにリラックスはできませんですが・・・。

金曜に職場の飲み会がありました。
そこで遭遇したのが新採さん。

まず、ビールをつぎ足そうと勧めると、手のひらをジョッキに乗せて、『要らないです』と拒否られました。
お酒があまり飲めないようですが、あんまりなご対応。
そうね、『すみません。お酒苦手で、もう飲めないんです』って言ってくれればねえ。

続くセリフが、『どうしてお酒飲んで楽しいのか、全く理解できません』(お酒飲み合って盛り上がる我々を観て)。
隣に座る課長が 『少しはお酒つきあった方が、担当する農家さんと飲む時いいんだけどね』
新採 『一杯くらい は 飲もうかと』。

そのやりとりを聞いて、スイッチが入ってしまいました。

今までも大学で学んだ ある分野のことばかり話す彼。
ここに来れば、その延長の研究にいつか携われると思っているんでしょう。

でも、研究にいける保証はないです。
その分野 のお宅の方って、私もたくさん知っています。
研究にいけるかどうかは、研究からみて欲しい人材であることなので、今の職場で目を引かれないとダメなのよね。

課長もいるし、常識の範囲で、ある分野 だけ詳しくてもこの仕事はできないよ。 とか、自分目線じゃなくて、農家の方が良くなるにはという目線で見ていかないとうまくいかないんだよ とか、話しました。

が、しかし、一次会が終了して、帰ろうかと思ったけど、ふとトイレに行って、このまま帰るのもなーって一人で飲むことにしました。
こういうことは初めてですが。
そしたら、外にいた人が呼びに来て(待っててくれたんですね)、結局若手と先輩など数人で飲み直すことになりました。

その二次会で、新採の彼になんて言ったか、イマイチよく覚えていません。

月曜に謝らないとね(どうして謝るのか ってかんじだけど)。


彼はもう20代も後半の人です。
でも、社会経験が乏しいんでしょうね。
とても子供っぽいです。

前にもこんなタイプに遭遇していて、でも前の人はとても切れやすかったのですが、今度の人はそれよりイイと思いますが・・・。


なんだか、社会性の乏しい若手を、もう何人も教えてきて、『またか』という感じです。
ただ、放棄してしまうと、この仕事自体が弱体化して要らなくなってしまうのではないかと・・・。
どうにか、採用の時の人物評価を少しでも民間を見習って欲しいです。
高学歴のテストのみの入社は・・・・・・・困った人が結構入ってきます。

月曜、彼は謝ってくるでしょうか。


スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

フリーエリア


現在の閲覧者数:

最新記事

リンク

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

10  06  04  01  09  07  06  05  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  02 

プロフィール

a・nemone

Author:a・nemone
10歳長男、6歳長女、40代のワーキングマザーです。
働きながら、どう、家のことをうまく回すか・・・心地よい暮らしに近づきたいんですけど・・・試行錯誤しています。
音楽を聴くのが好きで、サンソン・フランソワさんというピアニストにはまっています。

Copyright © anemone's room All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:amu*ca )